HOME  >  企業情報  >  社是・代表挨拶

社是・代表挨拶Company creed and president greeting

社是

社会が求める医療と福祉の充実に貢献する。

佐々木器材株式会社は創業以来、医療や福祉の最前線で活躍される皆様の良きパートナーとして、 常に優れた製品・サービスをお届け出来る様考えております。おかげさまで現在、首都圏を中心にお取り引きを賜り、「医療と福祉の総合支援企業」として高い評価と信頼をいただいております。

福祉支援につきましては、 現場のニーズに対応した最新のアイテムをお届けするのみならず、介護サービス業者・医療機関と業務提携し、 より高品質なサービスをご提供いたします。また、病医院や諸施設の開業支援につきましても、 豊富な経験とノウハウにより、企画から開設まできめ細かくフルサポートいたします。

事業方針

  • 医療と福祉を通じ、社会に貢献する企業を目指す。
  • お客さまのあらゆるニーズに応える企業を目指す。
  • グローバルな時代を生き抜く活力ある企業を目指す。

代表挨拶

平成27年には40兆円の大台を超え、毎年膨らみ続ける国民医療費、高齢化率の加速とそれに伴っての薬処方費増、少子高齢化もあり益々皆保険制度下での財政疲弊が起きております。今後の国民の医療費負担増の問題、消費増税等の問題も避けては通れない大きな課題であると考えます。一方で、「もの造り日本」の素晴らしい技術力による先端医療機器の開発や、医工連携による異業種での垣根を越えての取り組み、目覚ましい新薬開発等による医療産業の発展は、日本経済を支える大きな柱であり、今後も我が国経済の中心であることは間違いないと思います。また、日本の素晴らしい医療開発技術と共に、医療現場での医者や専門技術者及びコメディカル等、ソフト面でのきめ細かな対応や現場システムもまた、世界へと誇れる大きな「商品」であるのではないでしょうか。

国民の健康への関心は年々高まり、医療技術の進歩や新薬の開発等、予防医学に関する国民の意識は益々大きくなっています。日々の食生活の管理や運動など健康管理への取り組み、定期健診での自己管理への意識の高まり、技術進歩と併せ今後も更に平均寿命は伸びて行くことでしょう。将来我々は、如何に健康寿命を高めることが出来るのか、全ての国民が望んでいることであります。

激動する社会環境の変化に伴い、国民一人一人の意識改革と、社会や企業の改革と変革への取り組みが、将来の日本経済に大きな影響や様々な可能性を与えることは間違いないことと思います。医療業界は既に政府の成長戦略の一つに位置付けられ、様々な改革が行われてきておりますが、更なる改革や変革のスピードを高め取り組んで行くことが何より重要であると考えます。全ての個人や組織が将来ビジョンを大きく見据え、多角的に物事を考え取り組み、様々な可能性を追求することが重要であります。

我々は、個人のスキルと組織のスキルを常に高める取り組みを行い、高い倫理観と事業活動の透明化の基に、求められる医療や介護の現場からの需要変化を敏感に感じ、あらゆるサービスの供給と向上を目指して参りたいと考えております。

皆様方に於かれましては、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

敬具

平成29年1月吉日
代表取締役 稲葉 篤