HOME  >  企業情報  >  社是・代表挨拶

社是・代表挨拶Company creed and president greeting

社是

社会が求める医療と福祉の充実に貢献する。

佐々木器材株式会社は創業以来、医療や福祉の最前線で活躍される皆様の良きパートナーとして、 常に優れた製品・サービスをお届け出来る様考えております。おかげさまで現在、首都圏を中心にお取り引きを賜り、「医療と福祉の総合支援企業」として高い評価と信頼をいただいております。

福祉支援につきましては、 現場のニーズに対応した最新のアイテムをお届けするのみならず、介護サービス業者・医療機関と業務提携し、 より高品質なサービスをご提供いたします。また、病医院や諸施設の開業支援につきましても、 豊富な経験とノウハウにより、企画から開設まできめ細かくフルサポートいたします。

事業方針

  • 医療と福祉を通じ、社会に貢献する企業を目指す。
  • お客さまのあらゆるニーズに応える企業を目指す。
  • グローバルな時代を生き抜く活力ある企業を目指す。

代表挨拶

日本経済に於ける企業収益は、現在6年目を迎え今尚好調に推移しております。一方で我が国に於いて少子高齢化が進む中、以前より2025年問題として取り上げられている、団塊世代が75歳を迎えての超高齢化社会が足音を経て近づいております。世界中でどの国も経験の無いこの環境を、我々は間もなく迎える訳であります。

そんな中、産業界に於いてはAI(人工知能)やICT(情報通信技術)が多く聞かれる時代になりました。医療機関に於いてもこれらの先端技術による業務効率化と質の向上を実現させ、「人と人」「人とモノ」の情報伝達といったコミニュケーションの具現化に取り組み、アウトバウンドの医療輸出を展開する病院グループの容は、医療産業界の中でとても大きなインパクトと可能性を痛感いたします。

今年は、6年に一度の「診療報酬」と「介護報酬」ダブル改定の年であります。年々増加する社会保障費の増加や、皆保険制度(医療保険、介護保険)の財政は厳しさを増し、医療機関やそれに関わる業界に於いては、厳しい結果が待ち受けているのではないでしょうか。

我々は、医療機器販売に関わる社員「人」の質の向上とスキルアップに常に取り組み、医療機関や医療関係者が良質な医療を提供できるあらゆるサポートを行い、適正な使用支援業務によりスピーディで安心かつ安全なる流通の提供に取り組んで参ります。また、医療・介護に関わるあらゆるサポートにも積極的に取り組み、常に変化を求める組織造りを行い、変革と改革に常に挑戦する企業であり続けて参ります。

皆様方に於かれましては、引き続きご支援賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

敬具

平成30年1月吉日
代表取締役 稲葉 篤